移り住んだ方の声

自分流の働き方改革を、地方暮らしで実現

梅津豊さん
Ⅰターン移住(奥さまが鹿児島出身)

1985年青森県生まれ、神奈川県育ち。帝京平成大学健康メディカル学部理学療法学科を卒業後、神奈川の有料老人ホームにて介護職員として勤務。

2019年3月、鹿児島のニコニコタウンきいれに転職し、通所介護のデイサービスリハビリセンターで生活相談員に。

転職以前の神奈川での暮らしにおいては、仕事と家庭のどちらを優先するかで思い悩んできたという梅津さん。子育ても含めた家庭生活を優先すると決めて鹿児島に移住して以来、全てがうまくいくようになったと言います。プライベートが充実したからこそ、仕事に対するモチベーションも上がり、オンとオフのどちらもが、かつてないレベルで輝き始めました。家族4人で移住した梅津さんの〝輝きの道程〟に迫ります。

※取材はzoomで行い、カメラマン、梅津さんは撮影前に抗原検査を実施した上でマスクを外しています

続きの記事、LO活プロジェクトの掲載はこちら ➡自分流の働き方改革を地方で成し遂げ、仕事も生活もまるっと充実