喜入な日々

ふるさと体験ツアーを実施しました!

5/13(月)〜5/16(水)に神奈川県から、鹿児島県へのUターンを希望している方々を対象にふるさと体験ツアーを実施しました。

70歳〜86歳の方々まで、7名の方々にご参加いただきました。

1日目は、ニコニコタウンきいれの各施設を見学されました。
みなさんメモを取りながら、職員の説明をじっくりと聞かれていました。
ふるさとに帰ってからの暮らしを、具体的にイメージをし、様々な質問をされていました。

宿泊はサンファミリーきいれへ体験宿泊をされました。ここは、要介護認定がない方もご入居できる施設です。

2日目、釣り組は朝6時前に港に向けて出発しました。みなさん、本当に元気です!!
炎天下の中、アクティブに釣りに熱中しました。
非常に大きなタイが釣れました!

甘鯛や、連子鯛、真アジなど、色々な種類の魚が釣れたようです。

様々な経験をされてきた、70歳以上の方々ですが、船釣りは初めてだったようで、体験できて良かったとおっしゃっていました。
大物がつれて、みんなで歓声をあげたり、逃げられて悔しがったり、とても楽しめた様子でした。

グリーンファームで、ホウレン草と、インゲンマメの収穫体験もしました。
ホウレン草を収穫するときは、土の中1cmくらいのところから掘ると、きれいに収穫できるそうです。

お昼は、喜入 瀬々串の名物 豊祭そばを食べました。

昼からは、紙すきはがき体験です。押し花を散りばめて、世界に一つだけのはがきを作りました。

その後、釣り組とともにバーベキューをしました。釣った魚に一同ビックリでした。釣りたての魚や、採れたての野菜の味は格別でした。

喜入の大先輩の皆さんから、私もたくさんのことを教わりました。
数年前まで、お仕事をされていた方ばかりですし、現役でお仕事を方もいらっしゃいます。
外国語の取得に挑戦したり、ボランティアスタッフに参加されたり、いつまでも学び続けようという姿勢が大切であると感じました。

3日目は 喜入から車で30分ほどの南薩の観光地を巡りました。

知覧の武家屋敷。

特攻平和記念館を巡り、人気スポットの釜蓋神社へ行きました。

その後、伊能忠敬から絶景と讃えられた、知る人ぞ知る名勝、番所(ばんどころ)鼻

や、タツノオトシゴハウス

花(はな)瀬(ぜ)望比(ぼうひ)公園

指宿の西郷隆盛ゆかりの地、鰻池温泉や、いぶすき西郷どん館にいきました。

鹿児島出身のみなさんにも、「こんなところがあったんだ。」と思っていただけるように、なるべく、行かれたことがない場所を選んで回りました。

鹿児島にしかない絶景や、食べ物を味わうことができて良かったという言葉をいただき、とてもうれしく思いました。
喜入は、自然が近く、指宿や知覧と行った観光地へのアクセスも30分ほどです。
ふるさとの懐かしさに触れ、新たな魅力を発見するツアーが実施できました。